Logo jp

Road Map for Growth 成長へのロードマップ

知的財産戦略

イノベーション創出を支える知財活動

知的財産活動

ナブテスコグループでは、知的財産を、自社のみならずお客さまやパートナー企業の持続的成長と事業競争力の強化を支える基盤と位置づけ、競争力を生み出す「コア価値」の獲得と強化を柱とした知的財産戦略をグループ横断的に展開することで企業価値の向上を追求しています。

コア価値を分析し、強化策を実行

ナブテスコグループの知的財産戦略は、現在の事業と利益を守るだけでなく、未来の発展のために必要な技術要素や知見を見出し、強化していくことを大きな柱としています。

各事業部門では、競争力の源泉となるコア価値を分析し、将来に向けた強化策を実行しています。コア価値には、製品に関する技術やアイデア、設計・製造ノウハウ、営業情報やお客さまとの信頼関係など有形無形の知的財産が含まれています。これまで培ってきたそれらの価値を洗い出し、「秘密情報として保護するもの」、「特許などの知的財産権で保護するもの」などに分類して、適切な管理とともに戦略的な活用を推進しています。

「知財創造」を新たな業績評価の基準に

2017年度からは、社内カンパニーとグループ会社の業績評価項目に「知財創造」を新たに加え、コア価値を強化するための知的財産戦略活動を体系化し、各カンパニーの中期経営計画の中で、その知的財産戦略活動を年度単位の実行計画として策定して、実行することを義務づけました。

実行計画では、従業員による発明、技術アイデア・ノウハウ・新事業アイデアなどの創造を促すため、数値目標を設定します。毎年度の目標の達成度は、CEOと各本部長、各カンパニー社長で構成される全社知財戦略審議の場で報告し、評価を受けます。

知財創造届出件数
知財創造届出件数
  • ※2015年12月期より決算期を変更したため、当該年度は9か月間の実績値となります。

本社の知的財産部では、創造されたアイデアやノウハウなどの知的財産情報、お客さまや競合他社の特許情報、技術契約情報などを一元管理し、それらのインデックスを「知財戦略データベース」として構築、グループ内に提供します。知的財産をグループ内で水平展開して全体の成長に役立てるための橋渡しや、知的財産戦略に関する論議の場として、「知的財産強化委員会」を活用し、知的財産の活用推進を図ります。

また、企業価値向上に貢献した発明や発明者には、優秀発明表彰・優秀発明者(NBI)表彰を授与することで創造意欲を高め、イノベーション創出を加速します。

お客さまの事業や製品の未来を守る

これらの新たな取り組みにより、従業員一人ひとりの「創造力」を高めてイノベーション創出の加速をはかり、総合的な技術力と企業価値の増大をめざしています。
社会のさまざまな領域で、業界トップクラスのお客さまからの信頼を軸に事業を拡大してきたナブテスコグループにとって、知的財産戦略とは、お客さまの事業や製品の現在と未来を守り、事業価値を高める戦略でもあります。持続的な成長を実現するために、ナブテスコグループの知的財産活動はこれからも進化を続けます。

コーポレート・コミュニケーション部, 知的財産部, ①, ②

長期ビジョン実現に向けた知的財産活動

当社は、長期ビジョン実現に向けた事業戦略に即した知的財産活動を推進しています。特に、各事業部門に対して、その競争力の源泉であるコア価値(コアコンピタンス)の強化と知財武装をグローバルに展開する知財戦略ロードマップを策定し着実に活動を進めています。また、新規の事業創造や市場探索に向けて、特許情報をグローバルに調査しマクロ分析することで、ターゲットを明確化し効果的な技術マーケティングを追求しています。さらに、当社の信用が集約されるブランドを確実に権利保護し、適正な使用、模倣品排除を図ることで、当社の企業価値の向上につなげています。

ナブテスコグループの知的財産活動
ナブテスコグループの知的財産活動
コーポレート・コミュニケーション部, 知的財産部

知財インテリジェンス ~競争力強化策の策定~

当社では、競争力強化策策定にあたり「知財インテリジェンス」を駆使しています。各事業部門の現在のコア価値を、事業および知財の両面から、顧客ニーズへの対応度合いや競合に対する競争力を比較分析し、現在のコア価値と将来あるべきコア価値とのギャップを認識した上で、コア価値の強化・獲得策を策定し、事業競争力の維持・向上を図っています。

また、知財強化委員会(全社横断的な知財戦略検討機関)が事業部門におけるコア価値の強化に向けたアイデア開発手法の導入や技術開発の方針策定を支援しています。さらに、知財活動の面からM&Aや提携など「技術契約戦略」をリードし、知財創造と権利確保の加速、技術法務による知財リスクの低減を推進しています。

知財インテリジェンス活用によるコア価値の強化
知財インテリジェンス活用によるコア価値の強化
コーポレート・コミュニケーション部, 知的財産部

技術マーケティング(IPランドスケープ)による新事業創造

当社製品が使用される設備やシステム全体に関する特許をグローバルに調査し、顧客のニーズや技術動向をマクロ分析しています。この分析結果は、新事業テーマ・市場の探索や開発テーマの検証、協業先の探索など、将来事業の方針設定や他社連携のために活用しています。

技術マーケティング事例 (市場ニーズの探索)
コーポレート・コミュニケーション部, 知的財産部

知的財産戦略の全体像 ~コア価値の強化策~

当社は、各市場に関する技術マーケティングの結果を活用するとともに、知財インテリジェンスを駆使して各事業の知財戦略を策定しています。知財戦略は、その実行計画である知財戦略ロードマップ(RM)に沿って計画的に実行され、その結果を評価・見直しするPDCAサイクルを実行しています。

また、知的財産強化委員会が個々のコア価値の部門横断的な活用可能性を調査・分析し、各市場への適用や新事業化を探索しています。このような戦略的な知財活動を通じて、事業部門間でのコア価値のシナジー創出を推進しています。

知的財産戦略の全体像
知的財産戦略の全体像
コーポレート・コミュニケーション部, 知的財産部
成長へのロードマップ
研究開発

ナブテスコグループの研究開発の考え方

ナブテスコは、「モーションコントロール」をキーワードに、コンポーネント技術とシステム技術を統合し、高精度な制御装置、駆動装置等の開発に取り組んでいます...

成長へのロードマップ
研究開発

イノベーションの創出

イノベーション創出に向けた総合的な取り組みを推進 ナブテスコは、モノを確実に動かし止めるという「モーションコントロール技術」を軸に、お客さまの製...

成長へのロードマップ
研究開発

研究開発体制

技術本部の役割 社内カンパニーの支援 技術本部では、各事業分野トップクラスの品質を確立するため、社内カンパニーの課題や人財育成に対して...

成長へのロードマップ
研究開発

主要な研究開発分野

OVALO GmbHの買収 (メカトロ化、システム化の加速へ) 当社は、2017年3月にドイツのOVALO GmbHを買収しました。同社が保有す...

成長へのロードマップ
知的財産戦略

イノベーション創出を支える知財活動

知的財産活動 ナブテスコグループでは、知的財産を、自社のみならずお客さまやパートナー企業の持続的成長と事業競争力の強化を支える基盤と位置づけ、競...

成長へのロードマップ
知的財産戦略

長期ビジョン実現に向けた知的財産活動

当社は、長期ビジョン実現に向けた事業戦略に即した知的財産活動を推進しています。特に、各事業部門に対して、その競争力の源泉であるコア価値(コアコンピタン...

成長へのロードマップ
知的財産戦略

知財インテリジェンス ~競争力強化策の策定~

当社では、競争力強化策策定にあたり「知財インテリジェンス」を駆使しています。各事業部門の現在のコア価値を、事業および知財の両面から、顧客ニーズへの対応...

成長へのロードマップ
知的財産戦略

技術マーケティング(IPランドスケープ)による新事業創造

当社製品が使用される設備やシステム全体に関する特許をグローバルに調査し、顧客のニーズや技術動向をマクロ分析しています。この分析結果は、新事業テーマ・市...

成長へのロードマップ
知的財産戦略

知的財産戦略の全体像 ~コア価値の強化策~

当社は、各市場に関する技術マーケティングの結果を活用するとともに、知財インテリジェンスを駆使して各事業の知財戦略を策定しています。知財戦略は、その実行...