Logo jp

Road Map for Growth 成長へのロードマップ

研究開発

ナブテスコグループの研究開発の考え方

ナブテスコは、「モーションコントロール」をキーワードに、コンポーネント技術とシステム技術を統合し、高精度な制御装置、駆動装置等の開発に取り組んでいます。先端企業である顧客との信頼関係をベースに、高度な顧客ニーズを感知し既存技術を深耕しながら、コンポーネント販売からソリューション提供事業への転換を図っており、メカトロ化・システム化製品など新商品・新事業の創出を追求しています。

その実現に向け、ナブテスコでは、さまざまなアクションを展開しており、海外大学・研究機関との共同研究やコーポレート・ベンチャーキャピタルによるスタートアップ企業との共創、M&Aを積極的に推進しています。また、大学・研究機関が集積する京都に所在する京都リサーチパークに開設した「ナブテスコR&Dセンター」を通じて、企業・大学との「社外連携」「大学連携」をオープンイノベーション方式の活用により促進しています。これらの取り組みを通じて、多様な技術の採り込みと開発スピードの向上、グローバルな技術人財の育成を図り、新商品・新事業の創出を推進していく方針です。

研究開発費・売上高研究開発費比率の推移
研究開発費・売上高研究開発費比率の推移
  • ※当社および国内連結子会社9カ月、海外連結子会社12カ月を連結対象期間としています。
コーポレート・コミュニケーション部, 事業企画部, ①, ②

イノベーションの創出

イノベーション創出に向けた総合的な取り組みを推進

ナブテスコは、モノを確実に動かし止めるという「モーションコントロール技術」を軸に、お客さまの製品開発プロセスに各事業部門が寄り添いながら技術やノウハウを蓄積しながら成長を重ねてまいりました。

一方、近年では、お客さまのニーズの多様化や高度化に伴い、強みを有するコンポーネント単体での製品・サービス提供に加えて、メカトロ化・システム化された製品の開発や提案が成長機会としてさらに重要度を増しています。また、従来のモノを「うごかす、とめる」機能に加えて「みまもる」という予防保全を含めた製品・サービスのあり方が求められるようにもなっています。

ナブテスコは、こうしたニーズにお応えし、お客さまへの価値提供領域を広げるために、技術本部を中心にグループ一体となってこれらのテーマへの対応を加速し、イノベーション創出に向けた総合的な取り組みを推進しています。

最先端技術・ノウハウの事業部門への横串展開を推進

技術本部のミッションの一つは、各事業部門が持続的な成長を実現するための取り組みを技術面から支えていくことです。そのために、最先端の開発手法や要素技術・ノウハウを先取りして入手し、それぞれの事業分野に展開することで、製品開発の進化に役立てています。

ナブテスコでは、コンピュータによる製品開発や解析を行う技術であるCAE(Computer Aided Engineering)や、新しい生産技術として産業界で注目されているAM(Additive Manufacturing)の活用を進めています。

CAE分野では、空気の流れや油の流れの流体解析や、強度や耐熱性などの構造解析と流体解析を組み合わせたより高度な解析を行うとともに、製造プロセスのシミュレーションも行っており、これらの解析技術を事業部門と幅広く共有することで、開発・製造プロセスの効率化を促進しています。AM分野では、樹脂による高速光造形技術を用いた3Dプリンターをお客さまに提供するグループ会社のシーメットのノウハウを活用することに加え、金属積層造形技術について、周辺の要素技術を含めた開発を進め、「ものづくりイノベーション」を牽引する革新的な生産技術として、航空機器事業での展開をはかっています。

さらに、急速に進化するIoTやAIの普及に対応するべく、センシング技術の強化に取り組んでいます。センサーによる製品の状態監視とビッグデータ解析を組み合わせることで、故障診断に利用することが可能となります。これにより、「みまもる」という予防保全につながる機能を拡充することで、より付加価値の高い製品提供を実現するとともに、MRO(Maintenance、Repair、Overhaul)ビジネスの拡大も期待できます。

積極的なオープンイノベーションで、研究開発の効率化と人財育成をはかる

ナブテスコでは、オープンイノベーションの積極的な活用を進めています。国内外の企業や研究機関と共同で技術開発を推進することで、技術・製品ラインアップの効率的な拡充や将来ビジネスの探索を行っていきます。

オープンイノベーション推進の重要な拠点となるのは、神戸工場に所在していた技術本部の各組織を2017年に京都リサーチパーク(KRP)に集約して新たに設けられた「ナブテスコR&Dセンター(RDC)」です。RDCでは、約400社の多様な企業が集うイノベーションハブとしてのKRPの場の力を活用するとともに、国内外の企業や大学との積極的な産学連携による研究開発を進めています。

さらに、海外の研究機関とはスイス連邦工科大学チューリッヒ校と共同でパワーエレクトロニクス関連の理論構築や試作品開発に取り組むほか、モーションコントロールのシステム開発の共同研究にも着手しています。国内外の研究機関との連携により最先端分野での研究開発の成果を追求するとともに、グローバルな技術動向に精通した人財育成につなげてまいります。

新商品・サービス創出に向けた取り組み
新商品・サービス創出に向けた取り組み
ナブテスコ株式会社, コーポレート・コミュニケーション部, 総務部, 人事部, 法務・コンプライアンス部, 事業企画部, 知的財産部, 品質統括部, 品質統括部, 調達統括部, 環境安全部, ③, ①, ②

研究開発体制

技術本部の役割

  1. 社内カンパニーの支援

    技術本部では、各事業分野トップクラスの品質を確立するため、社内カンパニーの課題や人財育成に対して、提言や支援を行っています。ITを取り込んだ開発・設計ツール(Computer Aided Engineering(CAE)・Digital Engineering (DE)・3Dプリンター)や独自の材料技術を駆使し、製品開発の初期段階でのシミュレーションを通じて事前検証を精緻に行うフロントローディング型開発支援、電子技術・センサー技術提供による人財育成を含めた開発支援を行っています。さらに、知的財産戦略の策定・展開を図り、各事業での強い競争力の構築と技術契約における正当な権利と利益の確保に努めています。

  2. 新事業の創出

    技術本部では、市場ニーズ、技術シーズを問わず将来のビジネスの芽を探索しており、さまざまな開発テーマに取り組んでいます。また、複数の開発テーマにおいて、国内外大学・研究機関や企業と共同研究を推進し、高レベルな技術開発をスピーディーに行っています。ナブテスコR&Dセンターでは、オープンイノベーション方式を通じた広範な産産・産学連携により、新事業の創出を図っています。

  3. 基盤技術の充実(表面処理技術、熱処理技術)

    近年の各種機械の省エネ化や長寿命化は進化が目覚ましく、それを実現しているのが最新の表面処理技術や熱処理技術と言われています。技術本部ではこれら最新の基盤技術を積極的に導入し、その有効性を試験室レベルで先行して実証しており、その実証結果を社内公開し、各社内カンパニーと協働で、製品毎・部品毎に適用していきます。新興国による技術のキャッチアップが進むなかで、この様な基盤技術を充実するとともに、他社には模倣ができないように“ブラックボックス化”し、製品競争力の維持・拡大に役立てています。

ディスクブレーキ熱解析例 ディスクブレーキ熱解析例
高速電磁弁の連成(構造⇔流体) 解析例 ロボット動的シミュレーション例
ロボット動的シミュレーション例 高速電磁弁の連成(構造⇔流体)解析例
コーポレート・コミュニケーション部, 事業企画部, ③, ①, ②

主要な研究開発分野

OVALO GmbHの買収 (メカトロ化、システム化の加速へ)

当社は、2017年3月にドイツのOVALO GmbHを買収しました。同社が保有するモーター、コントロールユニット一体製品の開発能力を活用し、多様化、高度化するお客さまのニーズに対応していくために不可欠な、当社製品全体のメカトロ化、システム化を加速していきます。

また、同じく当社の連結対象となった傘下のadcos GmbHについても、メカトロニクス製品開発の根幹となる「モデルベース開発」の技術を有しており、開発効率や品質向上を飛躍的に高めるノウハウとして有効活用します。

今回の買収は当社としては初めて技術本部主導で行った案件であり、OVALO社やadcos社が保有する先端技術を、事業の枠に捉われず活用することで、グループ内のシナジー効果を最大限に発揮し、新たなビジネスへと繋げていきます。

Additive Manufacturing (3Dプリンター活⽤による新たな製造技術の獲得へ)

3Dプリンター技術は、従来のRP(Rapid Prototyping:試作)からAM(Additive Manufacturing:付加製造法)と呼ばれる新たな段階に進化しています。当社では、ナブテスコR&Dセンターに3Dプリンター関連技術を集約し、グループ会社のシーメットがノウハウを持つ樹脂系3Dプリンター(光造形装置)に加え、金属系3Dプリンター(金属積層造形機)を導入し、周辺の要素技術を含めて、「ものづくりイノベーション」を牽引する革新的な生産技術として、研究開発を進めています。また、関連基盤技術である材料開発にもリソースを投入していく予定です。

海外大学・研究機関との共同研究

ETHでの打合せ風景ETHでの打合せ風景

スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)とのパワーエレクトロニクス関連の研究開発では、理論構築のみならず試作品開発での進捗が見られており、新しい方式の環境発電装置やセンサーにおける成果を複数の国際学会にて発表したほか、特許の出願を行いました。2018年度は同校(ETH)と新たなテーマとしてモーションコントロールのシステム開発の共同研究に着手しました。

コーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)を設立

写真

当社は、2018年6月にコーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)業務の中核を担う Nabtesco Technology Ventures AGをスイスZurichに設立しました。また、Emerald Technology Venturesとの間でCVC業務に関し、戦略的パートナーシップを構築しました。

NTVは、スタートアップへの投資を通じて、スタートアップと当社グループとの間の共創を支援し、オープンイノベーションをグローバルに加速します。一方、Emeraldは、NTVの投資先/技術の探索から投資ストラクチャーの構築、投資後のポートフォリオ・マネジメントまでCVC活動を包括的に支援します。

この戦略提携により、NTVはEmeraldの20年に亘るコーポレート・ベンチャリングの経験、欧米を跨いだグローバルなプレゼンス、および企業価値創造のノウハウを取り込むこととなります。Emeraldのもつ技術と市場への洞察力、スタートアップ投資機会へのアクセスやポートフォリオ・マネジメントの実績と、当社グループの培ってきた技術力および顧客基盤等バリューチェーンの相乗効果により、当社グループは、共創先スタートアップの革新的なテクノロジーを取り込んだ事業ポートフォリオの構築を図ります。

(出資する事業領域について)

NTVは、以下の技術を備えるスタートアップと共同開発等の共創を進め、継続的に投資します。

  • モーションコントロール、およびその周辺技術(含AI, IoT)、或いは“破壊的イノベーション”に関連する領域
    例)ロボティクス、ブレーキ、建機、医療/福祉機器、3Dプリンター、モーター、センサー等
  • 生産技術に関連する領域
    例)加工・表面処理技術、モデルベース開発等

「うごかす、とめる」+「みまもる」

当社はこれまで、「うごかす、とめる」をキーワードに、「モーションコントロール技術」を磨き、高精度、高効率の製品を提供してきました。今後は、センシング技術とIoT技術の強化、人工知能技術の活用により、製品や製品の周辺環境の故障診断などを実現し、「みまもる」という予防保全につながる、システム、ソリューションを拡充していきます。これにより、付加価値の高い製品提供を実現するとともに、MRO (Maintenance、Repair、Overhaul)ビジネスの拡大をはかっていきます。

コーポレート・コミュニケーション部, 事業企画部, ①, ②
成長へのロードマップ
研究開発

ナブテスコグループの研究開発の考え方

ナブテスコは、「モーションコントロール」をキーワードに、コンポーネント技術とシステム技術を統合し、高精度な制御装置、駆動装置等の開発に取り組んでいます...

成長へのロードマップ
研究開発

イノベーションの創出

イノベーション創出に向けた総合的な取り組みを推進 ナブテスコは、モノを確実に動かし止めるという「モーションコントロール技術」を軸に、お客さまの製...

成長へのロードマップ
研究開発

研究開発体制

技術本部の役割 社内カンパニーの支援 技術本部では、各事業分野トップクラスの品質を確立するため、社内カンパニーの課題や人財育成に対して...

成長へのロードマップ
研究開発

主要な研究開発分野

OVALO GmbHの買収 (メカトロ化、システム化の加速へ) 当社は、2017年3月にドイツのOVALO GmbHを買収しました。同社が保有す...

成長へのロードマップ
知的財産戦略
Response thumb 80 662

イノベーション創出を支える知財活動

知的財産経営戦略 ナブテスコグループでは、お客さまやパートナー企業等、すべてのステークホルダーが持続的成長と事業拡大を図るために、その事業競争力...

成長へのロードマップ
知的財産戦略

長期ビジョン実現に向けた知的財産活動

ナブテスコグループでは、長期ビジョン実現に向けナブテスコグループの継続的成長・競争力強化を図るため、知的財産活動を推進しています。特に、社内カンパニー...

成長へのロードマップ
知的財産戦略
Response thumb 80 666

コア技術情報管理と知財武装の戦略的な活用

ナブテスコグループの競争力の源泉であるコア価値には、お客さまとの深い信頼関係や市場でのブランドの構築、商品、サービスにおける技術アイデアや、設計・製造...

成長へのロードマップ
知的財産戦略
Response thumb 80 342

知財インテリジェンス ~競争力強化策の策定~

ナブテスコグループでは、コア価値獲得・強化策を策定するにあたり「知財インテリジェンス」を駆使しています。具体的には、社内カンパニーやグループ会社の現在...

成長へのロードマップ
知的財産戦略
Response thumb 80 667

知財クリアランスの実行

ナブテスコグループでは、お客さまの事業や製品を守ることを必須項目とし、ナブテスコグループの事業・製品を守ることを必要項目として、事業化プロセスの中で知...

成長へのロードマップ
知的財産戦略

技術マーケティング(IPランドスケープ)による新事業創造、新市場・顧客ニーズ探索

ナブテスコグループの製品・サービスが使用される設備やシステム全体に関する特許情報などの知財情報を含む公開情報をグローバルに調査し、技術・市場動向や顧客...

成長へのロードマップ
知的財産戦略
Response thumb 80 669

知的財産アイデアデータベースの構築と今後の展望

コア価値獲得・強化計画に基づき知財創造や知財武装を行うために,コア価値として社内で創造されたアイデアやノウハウ、デザイン等の知財届出、技術マーケティン...

成長へのロードマップ
知的財産戦略
Response thumb 80 344

知的財産戦略の全体像 ~コア価値の強化・活用~

ナブテスコグループは、各市場に関する技術マーケティング(IPランドスケープ)の結果を活用するとともに、知財インテリジェンスを駆使して各事業の知財戦略を...

成長へのロードマップ
知的財産戦略

平成30年度「知財功労賞 経済産業大臣表彰」を受賞

知財功労賞のパネル 画像を拡大(PDF 730KB) 上記の知的財産戦略活動が評価され、ナブテスコは平成30年4月、経済産業省特許...