Logo jp

Risk Management/Compliance リスクマネジメント/コンプライアンス

リスクマネジメント

リスク管理全般

ナブテスコグループでは、業務遂行に関し、損益、資産効率、品質、災害等の状況が取締役会に適正かつタイムリーに報告される体制を整備し、リスクの早期発見に努め、損失の極小化を図る活動を進めています。

2017年度においては、ナブテスコグループにおけるリスク管理及び危機管理を適切に行い、企業価値の維持・向上を図るために、2016年度に全面改定した「リスクマネジメント規程」および「リスクマネジメント細則」に基づき、リスクアセスメントをナブテスコおよび国内グループ会社を対象に実施しました。

企業を取り巻くリスクの多様化・増加に迅速に対応するため、2016年度に設置した全社横断的なリスクマネジメントの取組みの場である「リスクマネジメント委員会」にて、リスクアセスメントの結果に基づく全社的重大リスクの特定と、それらの対策の審議を行いました。

2017年度は、具体的には、以下の事項に対し、リスクの管理および損失の予防を行っています。

  1. 経済、市場の動向に関するリスク
  2. 海外事業展開に関するリスク
  3. 大規模災害に関するリスク
  4. 為替相場の変動に関するリスク
  5. 調達に関するリスク
  6. 製品品質に関するリスク
  7. 競合に関するリスク
  8. 情報セキュリティに関するリスク
  9. 知的財産に関するリスク
  10. 法令・規制に関するリスク
  11. 環境に関するリスク
  12. 企業買収等に関するリスク
  13. 固定資産の減損に関するリスク

また、グループ責任・権限規程の遵守・徹底を通じて、意思決定の合理性・妥当性、適法性を確保し、リスクの管理を行っています。さらに、事故、災害および重要な品質問題その他当社グループの業績、財務状況または信用に重大な悪影響を及ぼすおそれのある事象が発生した時の報告要領を社内規程に定め、それに基づく有事の際の迅速かつ適切な情報伝達および緊急対応体制を整備しています。

なお、モニタリングに関しては、内部監査部門をはじめとする本社専門スタッフが、業務上のリスク管理状況を横断的に監査し、業務改善に向けて必要かつ適切な助言を行っています。

コーポレート・コミュニケーション部, 法務・コンプライアンス部, ①, ②

グループのリスクマネジメント活動

事業のグローバル展開に伴い、国内外の各グループ会社が抱える多様なリスクを抽出し、重大リスクの発生防止を目的とする活動を推進しています。

2017年度は、リスクマネジメント規程およびリスクマネジメント細則に基づき国内グループ会社11社に対し、リスクアセスメントを実施しました。リスクアセスメントの結果に基づいてリスクマネジメント委員会が特定した全社的重大リスクについては、各リスク主管部門が専門的知見に基づき対策を立案し、実施しています。「コンプライアンス通信」においてもリスクマネジメントに関する内容を掲載し、継続的に啓発活動を行っております。

また、これまで国内グループ会社と海外グループ会社を交互に隔年実施していたリスクアセスメントについて、2018年度からは国内外問わずナブテスコグループ全社を対象に毎年実施することをリスクマネジメント委員会で決定しました。

コーポレート・コミュニケーション部, 法務・コンプライアンス部, ①, ②

BCP(事業継続計画)の取り組み

ナブテスコグループでは、危機管理の一環として、巨大地震等の大規模災害に備え、2010年度よりBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)活動に取り組んでいます。

2015年度に各事業拠点のリスクアセスメントを実施した結果、地震等の自然災害により当社ならびに多くのサプライヤーが被災し、事業が中断するリスクが重大と確認されました。その対策として、BCPの見直しや強化が急務の課題となりました。

2016年度において、BCPを全社的に推進する総括事務局がコンプライアンス本部からものづくり革新推進室に業務移管され、これにより、ものづくり全体の事業継続体制を整備し、方針の見直しを行なって、実効性を高めるための課題を整理しました。

2017年度は、国内主力工場のBCP見直しに着手するとともに、生産に必要な重要部材を安定的に確保するため、有事におけるサプライチェーンリスクの低減を視野に入れた調達BCPの取り組みにも着手しました。

2018年度は、停滞しがちなBCPの活動を活性化させるため、各事業拠点にBCP事務局を設置し、本社総括事務局とが連携し、実効性に重点を置いたBCPの刷新に向けて動き出しました。

国土強靭化貢献団体認証(国内製造業で30番目に取得)国土強靭化貢献団体認証(国内製造業で30番目に取得)

また、東洋自動機株式会社岩国工場のBCPが、その実効性を国が評価する内閣官房国土強靭化貢献団体認証(レジリエンス認証)を取得し、ニュースリリースしました。(山口県下では取得第1号企業)
この実績を踏まえ、ナブテスコグループ全ての主要な事業拠点でも本認証が取得できるよう、BCPの実効性の確保に向けて尽力してまいります。

コーポレート・コミュニケーション部, 法務・コンプライアンス部, 調達統括部, ①, ②
リスクマネジメント/コンプライアンス
リスクマネジメント

リスク管理全般

ナブテスコグループでは、業務遂行に関し、損益、資産効率、品質、災害等の状況が取締役会に適正かつタイムリーに報告される体制を整備し、リスクの早期発見に努...

リスクマネジメント/コンプライアンス
リスクマネジメント

グループのリスクマネジメント活動

事業のグローバル展開に伴い、国内外の各グループ会社が抱える多様なリスクを抽出し、重大リスクの発生防止を目的とする活動を推進しています。 2017...

リスクマネジメント/コンプライアンス
リスクマネジメント

BCP(事業継続計画)の取り組み

ナブテスコグループでは、危機管理の一環として、巨大地震等の大規模災害に備え、2010年度よりBCP(Business Continuity Plan:...

リスクマネジメント/コンプライアンス
コンプライアンス

コンプライアンスに関する規範

ナブテスコグループ倫理規範の制定 ナブテスコグループでは、グループ横断的かつグローバルなコンプライアンス体制の強化のため、「ナブテスコグループ倫...

リスクマネジメント/コンプライアンス
コンプライアンス

コンプライアンス意識の醸成

社員へのコンプライアンス研修 階層別研修の内訳 新任役員研修 新任管理職研修 初級問題解決研修 上級問題解決...

リスクマネジメント/コンプライアンス
コンプライアンス

情報発信・啓発活動

ナブテスコグループ企業倫理月間 2017年度企業倫理月間ポスター 2011年度から国内のナブテスコグループ会社を対象に毎年10月を...

リスクマネジメント/コンプライアンス
コンプライアンス

内部通報制度のグローバル化

贈収賄行為やカルテル、不正行為の未然防止、早期発見および是正のために、「ナブテスコほっとライン」を導入し、社内窓口(法務・コンプライアンス部)および社...

リスクマネジメント/コンプライアンス
コンプライアンス

腐敗防止に関する取組み

腐敗防止に関する取組みの推移 当社では、贈賄リスクの排除をコンプライアンス上極めて重要な一分野として捉え、「ナブテスコグループグ...

リスクマネジメント/コンプライアンス
コンプライアンス

カルテル防止に関する取組み

カルテル防止に関する取組みの推移 当社は、グローバルな競争法関連規制に対するコンプライアンスを徹底するため、2013年度に「グロ...

リスクマネジメント/コンプライアンス
コンプライアンス

コンプライアンス委員会 社外監査役メッセージ

社外監査役 (晴海協和法律事務所 弁護士) 佐々木善三 近年、名門企業の存続を揺るがすコンプライアンス違反事件が相次いでおり、コ...