Logo jp

Striving for Harmony with Global Environment 環境への配慮

環境マネジメント

環境方針

ナブテスコグループは、持続可能な社会を実現するための社会的責任を認識し、グループ全体で活動を推進するため『環境理念』『環境行動指針』(2005年5月制定)を定めています。

ナブテスコグループ環境理念・環境行動指針
ナブテスコグループ環境理念

私たちは事業活動による地球環境への影響を常に認識し、人と自然にやさしい商品と環境づくりに努め、豊かで快適な未来社会の実現を目指します。

ナブテスコグループ環境行動指針
  1. 地球環境保全は人類共通の重要課題と認識し、環境保全活動成果の向上を目指した目標の設定と継続的な改善への取り組みを、全員参加により積極的に推進します。
  2. 商品の企画・開発・設計にあたっては、そのライフサイクルにおける環境への影響を把握し、エネルギー効率、省資源、リサイクル性の向上に努めます。
  3. 商品の生産・販売・物流・サービスにおいては、環境先進技術を積極的に採用しまた工夫することにより、省エネルギー、資源の有効利用、ゼロエミッションへの挑戦など、環境負荷の低減に努めます。
  4. 環境関連の法規制や社会的規範等を遵守するとともに、必要に応じて自主管理基準を設定し、環境上の目的に合った自主的な活動に取り組みます。
  5. 環境情報の開示や社会活動への参画など、社会との交流・連携を積極的に推進し、理解と信頼を得ることに努めます。
コーポレート・コミュニケーション部, 環境安全部, ①, ②

ESH推進体制

ESH管理組織
ESH管理組織

ナブテスコグループでは、環境および安全・健康に関するCEO直轄の推進機関である「グループESH委員会」(年1回以上開催、事務局は環境安全部)を設置し、環境マネジメントを推進しています。委員長および委員は取締役を含む役員から任命されます。
グループESH委員会は、気候変動に係るリスク、機会を含めた環境・安全・防災・衛生等に関する重要な情報を収集し、重要性の評価および重要と評価された事案への対策について審議しています。審議結果において事業に重要な影響を及ぼすと考えられる事案については、業務執行上の重要事項を審議するマネジメント・コミッティに報告され、事業戦略決定に反映されます。

グループESH委員会
2018年3月27日付
委員長 執行役員 清水  功 ものづくり革新推進室長
委員 代表取締役
常務執行役員
十万 真司 精機カンパニー社長 兼 ものづくり革新担当
委員 代表取締役
常務執行役員
箱田 大典 企画、経理、情報システム、コーポレート・コミュニケーション、人事管掌
委員 取締役
常務執行役員
上仲 宏二 住環境カンパニー社長
委員 常務執行役員 釣  泰造 舶用カンパニー社長
委員 常務執行役員 直樹  茂 鉄道カンパニー社長
委員 取締役
執行役員
橋本 悟郎 総務、法務・コンプライアンス管掌
委員 取締役
執行役員
秋田 敏明 技術本部長
委員 執行役員 小川 道雄 ナブテスコオートモーティブ(株)社長
委員 執行役員 髙木 憲優 航空宇宙カンパニー社長
委員 執行役員 北村 明義 東洋自動機(株)社長
委員 執行役員 木村 和正 パワーコントロールカンパニー社長
コーポレート・コミュニケーション部, 環境安全部, ①, ②

ESH監査

グループESH委員長は、年に1回、各事業所を巡回してESH監査を実施し、ESH活動状況の確認と指導を行っています。この監査結果やESH活動の成果報告をグループESH委員会で取りまとめ、年度末に役員会議でのレビューを経て、翌年度の活動につなげています。
2017年度のESH監査実績は下表のとおりです。環境に配慮した計画を立案する指導などを行っています。

2017年度のESH監査実績
監査名 監査の概要 監査者 監査実績
ESH監査Ⅰ 【巡回監査】前年度活動実績と今年度活動計画の確認
環境負荷低減の活動・対策状況の確認
ESH委員長
カンパニー社長
環境安全部長
ナブテスコ:6事業所
グループ会社:6社
指導件数:142件
フォロー監査 【巡回監査】ESH監査Ⅰの指摘事項の対策状況確認 環境安全部
(ESH事務局)
ナブテスコ:6事業所
グループ会社:6社
ESH監査Ⅱ 【書類監査】ESH活動実績(年度末見込み)の確認
必要に応じて現地監査実施
環境安全部
(ESH事務局)
ナブテスコ:7事業所
グループ会社:8社
改善完了件数:142件

また、海外のグループ会社に対してもESH管理体制を構築すべく、活動を始めております。業務の可視化・効率化を目的に、規程や記録類の文書整備、環境情報管理ツールの導入を進めております。2017年度には中国のグループ会社8社に対し、法令違反の防止、ESH活動成果の維持・向上を目的に、ESH監査を開始致しました。2018年度以降、他地域の拠点にも拡大していく予定です。

コーポレート・コミュニケーション部, 環境安全部, ①, ②

環境マネジメントシステム

ナブテスコグループは、国際規格ISO14001を環境マネジメントに有効なツールとして捉え、環境マネジメントシステムの構築・運用に活用しています。ISO14001の認証は、1999年10月に甲南工場が取得したのを皮切りに、ナブテスコ単体の全工場と主なグループ会社6社(売上高の7割以上)が取得しています。

なお、ISO14001の認証を取得していない国内グループ会社については、ESH監査の中で活動および管理の状況を確認しています。中国をはじめ海外グループ会社についても、2016年度から同様の確認を順次開始しています。

ナブテスコグループでは、“エコロジー”と“エコノミー”が融合した仕組みの定着を目指しています。事業所・グループ会社間の情報の共有化や協調を推進することで、グループ全体の活動の方向性や一貫性を維持しています。また、活動の成果を継続的に高めていくために、2017年度から環境貢献達成度(CO2排出量削減)を各事業部門の業績評価へ組み込みました。

環境マネジメントシステム認証取得状況
認証範囲 取得規格名
住環境カンパニー 甲南工場及び本社 ISO14001
舶用カンパニー 西神工場
(パワーコントロールカンパニー及び鉄道カンパニーの一部を含む)
ISO14001
鉄道カンパニー 神戸工場 ISO14001
精機カンパニー 津工場 ISO14001
航空宇宙カンパニー 岐阜工場 ISO14001
パワーコントロールカンパニー 垂井工場
(航空宇宙カンパニーの一部を含む)
ISO14001
  • ※ISO14001取得割合は、72%です。(2017年度)
コーポレート・コミュニケーション部, 品質統括部, 品質統括部, 環境安全部, ①, ②

環境教育・啓発

省エネ委員会省エネ委員会

ナブテスコグループでは、環境についての意識高揚をはかるため、さまざまな教育を実施しています。新入社員教育では、環境への取り組み内容、活動成果を示し、一人ひとりの活動の小さな積み重ねが環境負荷低減への大きな力となることを説いています。

また、各事業所のESH担当管理職、担当者を対象に、ESH研修会や省エネ委員会等を開催し、最新のESH関連情報や重要な法改正情報の周知徹底をおこなっています。

研修受講者数
(単位:人)
  2015年度 2016年度 2017年度
省エネ委員会(開催回数:6回/年) 80 123 129
ESH研修会(開催回数:1回/年) 18 17 22
  • ※対象者:ESH担当管理職、担当者
コーポレート・コミュニケーション部, 環境安全部, ①, ②

環境に関する法令違反

ナブテスコグループでは、事業活動に適用される環境に関する法規制を特定し、登録・管理しています。また、登録された情報が最新であることを定期的に確認し、法令違反の発生を防止しています。

万一法令違反が生じた場合は、定められている報告要領および様式でグループESH委員長に報告し、迅速に対応することができる体制となっています。

2017年度に環境に関する法令違反に該当する事象は発生していません。

コーポレート・コミュニケーション部, 環境安全部, ①, ②

国連グローバル・コンパクト環境経営分科会に参加

ナブテスコグループは、国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンの環境経営分科会をはじめ、環境保全に関わる各種団体活動に参画しています。環境経営分科会においては、「気候変動」「水リスク」「生物多様性」「エネルギー」といったテーマで、NGOや有識者からの情報収集や異業種を含む多様な企業との情報共有や討議を行っています。

外部イニシアチブとの積極的な連携や対話を通じて先進的な取り組み等の情報収集を行い、環境マネジメントの深化に役立てています。

コーポレート・コミュニケーション部, 環境安全部, ①, ②
環境への配慮
環境マネジメント

環境方針

ナブテスコグループは、持続可能な社会を実現するための社会的責任を認識し、グループ全体で活動を推進するため『環境理念』『環境行動指針』(2005年5月制...

環境への配慮
環境マネジメント

ESH推進体制

ESH管理組織 ナブテスコグループでは、環境および安全・健康に関するCEO直轄の推進機関である「グループESH委員会」(年1回以...

環境への配慮
環境マネジメント

ESH監査

グループESH委員長は、年に1回、各事業所を巡回してESH監査を実施し、ESH活動状況の確認と指導を行っています。この監査結果やESH活動の成果報告を...

環境への配慮
環境マネジメント

環境マネジメントシステム

ナブテスコグループは、国際規格ISO14001を環境マネジメントに有効なツールとして捉え、環境マネジメントシステムの構築・運用に活用しています。ISO...

環境への配慮
環境マネジメント

環境教育・啓発

省エネ委員会 ナブテスコグループでは、環境についての意識高揚をはかるため、さまざまな教育を実施しています。新入社員教育では、環境への取り...

環境への配慮
環境マネジメント

環境に関する法令違反

ナブテスコグループでは、事業活動に適用される環境に関する法規制を特定し、登録・管理しています。また、登録された情報が最新であることを定期的に確認し、法...

環境への配慮
環境マネジメント

国連グローバル・コンパクト環境経営分科会に参加

ナブテスコグループは、国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンの環境経営分科会をはじめ、環境保全に関わる各種団体活動に参画しています。環境経...

環境への配慮
気候変動の緩和

気候変動問題への取り組み

ナブテスコグループは、マテリアリティ(重要なCSR課題)に基づく気候変動問題への取り組みとして、グループ一体での温室効果ガス排出量の削減や省エネ活動を...

環境への配慮
気候変動の緩和

温室効果ガス排出削減目標

ナブテスコグループは、2050年度までの温室効果ガス排出削減の長期目標を2016年度に設定しました。本目標は、①国内グループ企業のC...

環境への配慮
気候変動の緩和

2017年度の目標と実績

2017年度の国内CO2排出量は、目標値を大幅に超過する結果となりました。精密減速機事業等での生産高の増加に加え、需要拡大に対応するために岐阜工場(航...

環境への配慮
気候変動の緩和

エネルギー消費量の削減

グローバルエネルギー使用量推移 ※2015年度実績として示す数値は、対象期間を2015年1~12月とし、12ヶ月に置き換えて算出し...

環境への配慮
気候変動の緩和

再生可能エネルギーの活用

ナブテスコグループでは、事業所への再生可能エネルギー設備の導入を推進しています。2012年の垂井工場(岐阜県)を皮切りに、2016年より津工場(三重県...

環境への配慮
気候変動の緩和

製品・サービスによる環境影響の緩和

省エネ製品認定制度 認定マークと認定証書 本制度は、持続可能な社会の発展のために製品の環境側面を考慮して設計された省エネ製品の開発...

環境への配慮
気候変動の緩和

気候変動対策コスト

ナブテスコグループでは、気候変動に係るリスク・機会を含めた環境・安全・防災・衛生等に関する重要な情報を収集し、重要性の評価および重要と評価された事案へ...

環境への配慮
排出物の管理

廃棄物の削減

埋立廃棄物削減活動 ナブテスコグループは、事業活動で生じた全ての排出物について、循環型社会形成の基本原則である3R(Reduce...

環境への配慮
排出物の管理

汚染の防止・低減活動

ナブテスコグループは、事業活動の中で環境に影響をおよぼす物質の把握、削減および流出防止に努めています。 汚染の防止・低減に関する活動目標と201...

環境への配慮
排出物の管理

水資源の保全

水使用に関する基本的な考え方 ナブテスコグループは、事業活動において大量の水や所定の水質を確保した水を必要とすることはありません。しかしながら、...

環境への配慮
環境データ等集計範囲

環境データ等集計範囲

環境データ等集計範囲 (国内外の主要な生産拠点、事務所を対象とし、以下の範囲で環境データを集計している。) 【国 内】 ...