Logo jp

Socially Beneficial Products and Services 価値ある商品・サービスの提供

品質・PL管理

『安全・安心・快適』を製品に込める!

ナブテスコグループでは、お客さまとの長期にわたる信頼関係の中で、お客さまとともに市場創造・製品開発・製品安全に取り組んでまいりました。また、製品自体はもちろんのこと、製品を購入されるお客さま、製品を利用・使用される一般の方々の「安全・安心・快適」を実現できるよう、実際の使用条件・使用環境に関する情報を収集・分析し、必要な安全性・信頼性・安定性と機能・性能による快適性を求め、『ものづくり』に役立てています。

この結果、高度な技術力を要求するさまざまな分野のお客さまにご評価いただき、市場シェアNo.1の価値ある商品・サービスを提供できるようになりました。

今後も、独創的なモーションコントロールを活かして製品のライフサイクル全般にわたる『安全・安心・快適』の提供に向けた、たゆまぬ努力を続けてまいります。

コーポレート・コミュニケーション部, 品質統括部, ①, ②

ナブテスコグループ品質・PL方針

ナブテスコグループは、さまざまな分野・市場へ専門性の高い製品を提供するメーカーとして、製品の機能・性能がもたらす『安全・安心・快適』を製品に込めて世の中に送り出すことをマテリアリティ(重要なCSR課題)のひとつと認識し、「ナブテスコグループ品質・PL方針」を定めています。

  • ※Product Liability(製造物責任)
ナブテスコグループ品質・PL方針

安全・安心・快適で信頼性の高い製品の提供を通じて、
企業の社会的責任を果たしていくため、

  1. 人間尊重の理念に基づき、安全を全てに優先させる
  2. 事業活動と一体の品質・PL管理活動により、安全性を含む製品の品質を確保する
  3. 製品の市場提供に先立つ安全性を含む品質評価により、市場が納得する製品品質を実現する
コーポレート・コミュニケーション部, 品質統括部, ①, ②

グループ品質・PL委員会による推進体制

お客さまや製品を利用される方々の声に耳を傾け、変化していく社会的な要求や要請にお応えできるように、品質工学・品質管理・PL管理(製品安全管理を含む)を踏まえた『ものづくり』を、当社「グループ品質・PL委員会」が中心となり推進しています。

品質とPL管理の活動体制およびR&Dとものづくり品質の教育体系図

品質とPL管理の活動体制およびR&Dとものづくり品質の教育体系図

品質・PL管理活動の展開

ナブテスコグループは、グループ品質・PL委員会を毎年開催し、グループ全体としての問題点や課題を明確にして年次活動の方針を決めています。その方針を各社内カンパニー組織が具体的な活動に落とし込んで実務進捗しています。

しかし、カンパニー間では製品も対象業界も大きく異なっており、全てのカンパニーの活動状況を一定のルールや基準で監査するには無理があります。このため、カンパニー個別の状況把握とアドバイス、さらに改善支援に本社組織から何ができるかについての会議を定期的に開催して、より効果的な具体策の実施につなげています。

仕組化・定常化されたグループ品質・PL委員会の活動
  1. 委員会組織として社内に設置(事務局:品質統括部)
  2. ナブテスコグループの製品の品質管理およびPLに関する製品安全管理において、安全性にかかわる不具合を含む品質不良発生を予防し、品質不良・PL問題の発生時の適切な対応を行うための組織および管理についての基準を定めることにより、品質の維持・向上および安全性の確保を図るとともに、顧客の信頼を確保し経営の発展に寄与することを目的としている。
  3. 規程に基づいて前年度の活動状況を見直し、年度方針、重点実施課題等を審議。決定後カンパニーに展開している。

近年では、基本的方針として「設計・製造の品質力基盤強化」を掲げ、新人への集中品質基礎教育、海外拠点およびサプライヤーへの現場5S改善指導、工程確立指導などに取り組んでいます。

また、2015年度より「Know-why Nabtesco活動」として、自分の業務の中での「なぜ?」「どうして?」を大切に考えることで、知らないことやわからないことを気楽に聞けるミーティングを各現場で行ってきており、職場の共通認識が広がっていくことで作業品質の向上や技術の伝承に効果が見込まれます。

このような地道な活動を長期的に継続した成果として、品質不良による損失は着実に減少してきており、お客さまへ『安全・安心・快適』を提供する基盤をゆるぎないものとしています。

コーポレート・コミュニケーション部, 品質統括部, ①, ②

事故対応

当社は航空機のフライト・コントロール・アクチュエーション・システムをはじめ、鉄道のブレーキ部品、舶用主機遠隔操縦装置、鉄道駅のプラットホームドアや建物用の自動ドアなど、さまざまな製品を扱っています。製品の性質上、万一の際には人身におよぼすリスクが非常に大きくなることから、突発的な事態にも的確に対応できるよう万全の体制を整えています。特に、コンポーネント製品をご採用いただいているお客さまとの連絡を密に行い、一緒になって品質と安全性確保について取り組むことで製品事故の未然防止を図っており、製品の信頼性に高い評価をいただいています。また、製品に関するお問い合わせは、WEBサイトの問い合わせフォームで24時間受け付けています。

当社製品の責任(製造物責任)とされる人身重大事故は、ナブテスコ設立から現在まで発生していません。

製品事故・品質不良対応体制図

製品事故・品質不良対応体制図

コーポレート・コミュニケーション部, 品質統括部, ①, ②

品質マネジメントシステム認証取得

国内では当社のすべての生産拠点と主要なグループ会社で、また海外の主要なグループ会社生産拠点で、その業界に必要な品質マネジメントシステム規格の認証を受けています。売上高の9割以上をこれらシステムの下で製作しています。認証数は業界固有の規格を含め、国内で13件、海外で19件に上ります。

品質マネジメントシステム規格認証取得状況
認証範囲 規格 取得時期 認証機関
精機カンパニー ISO9001 1996年3月8日 JQA
鉄道カンパニー ISO9001 1999年3月26日 LRQA
舶用カンパニー ISO9001 1995年7月20日 LRQA
パワーコントロールカンパニー ISO9001 1999年11月26日 LRQA
航空宇宙カンパニー JISQ9100 2003年12月12日 BSK
住環境カンパニー ISO9001 1996年12月10日 LRQA
ナブテスコオートモーティブ(株) ISO/TS16949 2012年3月9日 LRQA
東洋自動機(株) ISO9001 2009年10月10日 LRQA
大亜真空(株) ISO9001 2010年2月26日 JQA
ティーエスプレシジョン(株) ISO9001 2010年5月12日 JQA
ナブテスコサービス(株) ISO9001 2009年12月21日 UKAS
コーポレート・コミュニケーション部, 品質統括部, ①, ②

2017年度品質・PL重点活動

品質保証部門間の横串活動

品質保証部門のお悩み相談・情報交換会品質保証部門のお悩み相談・情報交換会

異なるカンパニーの品質担当者が集まり、様々な業界特有の知識と経験を共有しあい、品質改善を目指して討議する場を定期的に開催しています。

海外グループ会社・海外サプライヤーの品質力強化

異文化コミュニケーション教育(2016年)異文化コミュニケーション教育(2016年)

ナブテスコグループでは2010年代に入り海外生産拠点を増加し、海外のお客様への的確かつ柔軟な製品供給体制を整えてまいりました。新たな拠点では、現地従業員・スタッフとの相互理解を基礎にして現地社会での信頼を作り上げてきており、品質に関しては、各事業管轄のカンパニー品質保証部門が各工程の具体的な作り込みや評価などの実務を中心に指導するとともに、本社技術本部の品質統括部が社会的な要求を踏まえた指導・教育や監査を行うことで、品質管理手法の理論だけでなく現場での対応方法や遵守すべき点について周知徹底を図っています。
日本式のものづくりをベースに置きながら、現地市場のニーズに応える品質の作り込みを実現してきています。

2017年の品質活動では、海外赴任者の交代に伴う運営方針などの変化により現地従業員の不安や不満、混乱が生まれ、品質や事業活動に悪影響を及ぼすことを防ぐため、この赴任者に対して多文化コミュニケーションの教育を行ってきました。今後は現地の管理者にナブテスコ流の品質管理を植え付けることで、長期的な品質の安定化を図ります。

コーポレート・コミュニケーション部, 品質統括部, ①, ②
価値ある商品・サービスの提供
品質・PL管理

『安全・安心・快適』を製品に込める!

ナブテスコグループでは、お客さまとの長期にわたる信頼関係の中で、お客さまとともに市場創造・製品開発・製品安全に取り組んでまいりました。また、製品自体は...

価値ある商品・サービスの提供
品質・PL管理

ナブテスコグループ品質・PL<sup>※</sup>方針

ナブテスコグループは、さまざまな分野・市場へ専門性の高い製品を提供するメーカーとして、製品の機能・性能がもたらす『安全・安心・快適』を製品に込めて世の...

価値ある商品・サービスの提供
品質・PL管理

グループ品質・PL委員会による推進体制

お客さまや製品を利用される方々の声に耳を傾け、変化していく社会的な要求や要請にお応えできるように、品質工学・品質管理・PL管理(製品安全管理を含む)を...

価値ある商品・サービスの提供
品質・PL管理

事故対応

当社は航空機のフライト・コントロール・アクチュエーション・システムをはじめ、鉄道のブレーキ部品、舶用主機遠隔操縦装置、鉄道駅のプラットホームドアや建物...

価値ある商品・サービスの提供
品質・PL管理

品質マネジメントシステム認証取得

国内では当社のすべての生産拠点と主要なグループ会社で、また海外の主要なグループ会社生産拠点で、その業界に必要な品質マネジメントシステム規格の認証を受け...

価値ある商品・サービスの提供
品質・PL管理

2017年度品質・PL重点活動

品質保証部門間の横串活動 品質保証部門のお悩み相談・情報交換会 異なるカンパニーの品質担当者が集まり、様々な業界特有の知識と経験を...

価値ある商品・サービスの提供
教育・研修(R&D、ものづくり品質)

グループ横断的な品質・PL管理活動とイノベーション創出を支える教育体系

品質・PL管理活動の一環である品質・PL管理に関する教育は、中長期的な人財育成戦略のもと、人事部と技術本部がグループ横断的に推進しています。 全...

価値ある商品・サービスの提供
教育・研修(R&D、ものづくり品質)

全社教育(専門研修)

若手技術者を対象とする品質管理研修 【品質管理研修(若手社員への品質研修)】プラモデル自動車の機能性評価 次世代を担う若手から中...

価値ある商品・サービスの提供
教育・研修(R&D、ものづくり品質)

製造品質管理者研修・技術品質実務者研修

多文化コミュニケーション研修 【多文化コミュニケーション研修】海外派遣者品質管理 海外拠点での製品品質に関わる組織力を高めるため、...

価値ある商品・サービスの提供
教育・研修(R&D、ものづくり品質)

改善・改良研究会

品質要求への対応 【品質改善研究】品質管理手法の検討 社会の多様化・国際化に伴い、製品に対する要求は従来に比べ多岐に広がっています...